2018年1月22日 (月)

雌奴隷

中学の時の同窓会があってさ、それで十何年振りかで再会した奴がいるの。
そいつ、当時は地味な男で目立たなかったけど、俺とは生物部で一緒で時々一緒に遊んでたりはしたの。
だけど、中学卒業してからは疎遠になって。そいつ、進学校に行っちゃったし、俺は地元の高校で、接点なくて。
それで、久しぶりに再会したんだけど、雰囲気変わっててさ。
なんかずいぶんエリートって感じになってたよ。女子も当時はそいつのことなんて見向きもしなかったけど、同窓会の時にはなんかやけにモテてたし。
「変わったなー」って声かけたら「そうでもないよ」ってクールに言ってた。
「結婚してるの?」って聞いたら「そういうのには興味ない」って。
「モテるんだろ」→「モテても意味ないし」って、すごいそっけない感じ。
だけど、酒もすすんで酔ってくると、口も滑らかになってくるみたいで。。。
神待ち
「実は雌奴隷を一匹飼ってる」なんて話をしだしてさ。
冗談かと思って「いいじゃん、雌奴隷。そういうの、どこで見つけてくるの?」って話してたら、なんかネットでそういうのがあるんだって。
「俺は、その雌奴隷と契約してる」って言いだして。
「よかったら、今から来る?何でも言うこと聞くよ」って自慢気に言うの。
興味もあったし、「じゃ、行く」ってついて行ったら、俺の想像よりももっとひどかったなー。
その雌奴隷、マンションの一室に閉じ込められててさ。外からカギをかけて、出られないようにしてるんだよ。
首輪つけられて、「お客様だから、御奉仕しろ」って言われて、何をするかと思ったら、フェラしようとして来るんだよ。
「ちょ、待って」って慌てて言ったら、その雌奴隷きょとんとした顔してるんだよね・・・。
割り切った関係
ワリキリ

最近の記事

無料ブログはココログ